結婚にともない必要な費用

結婚することになると、今までと違った新生活が始まります。
新生活を始めるためにどれだけの準備が必要なのか?
現実的に考えるとどれだけお金が必要なのか?を考えなければなりません。

もちろん、人によって生活スタイルも違えば、理想とする生活も違います。
ここでは結婚に必要な費用について考えていきたいと思いますが、紹介する内容については、あくまでも一般的なパターンとして参考にしていただければと思います。

新生活を始めるために必要な大きなお金について、おおざっぱに把握しておくことが大切です。
まず、婚約が決まれば、婚約指輪や結婚指輪の準備、両家への挨拶や顔合わせ食事会、結納、結婚式・披露宴、新婚旅行、新居の準備などのお金が必要になります。

新居の準備を考えてみると、まず賃貸マンションなどを借りるのに必要な敷金・礼金、そして最初の家賃が必要です。
現在が一人暮らしであれば引越しの費用も必要でしょう。
さらに、家具・家電や細かい雑貨、生活必需品を準備しなければなりません。
大きなものから小さなものまで出費が重なります。

また、やはり大きな出費と言えば、結婚式と披露宴でしょう。
結婚式場で支払う費用はもちろん、衣装や引き出物を別で用意すればその分の出費もあります。
理想の結婚式は人によって違いますが、結婚後の生活資金を考えながら予算の計算をしなければなりません。

結婚が「授かり婚」の場合は、結婚式をいつ挙げるかを慎重に検討しなければなりませんが、出産費用や育児に関する費用は優先して準備しなければならない大切なものです。

他にも、二人分の保険や二人分の貯蓄・・・など、
一人の時とは違った家族の出費が必要になってきますが、
かけなければならない費用と、節約できる費用についてもしっかり把握することが大切です。
結婚のための費用自体、普段使うお金とは桁違いになので、新生活開始後のことも考えながら、金銭感覚を失わないように心掛けたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です